​北海道大学公共政策大学院進路支援室

011-746-2242

北海道札幌市北区北9条西7丁目北海道大学法学部102

©2020 by 北海道大学公共政策大学院進路支援室

​ただいま相談はメールでお受けしています。

北公会のプログラムは5月再開予定です。

新型コロナウィルス感染予防のため、北海道大学は5月から授業を再開する見込みです。このため、北公会のプログラムもゴールデンウィーク明け頃再開の予定です。詳細が決まりましたら改めてお知らせいたします。

進路や就職に関する相談はメールで対応しています。また必要に応じてSkypeなどでも対応いたします。まずはメールでお問い合わせください。

 

HOKUKOUKAI

あなたの夢をカタチにするお手伝い。

 

北公会について

自分の頭で考えよう。

北公会は北海道大学公共政策大学院進路支援室が支援する、主に国家総合職を目指す北大生のための自主ゼミです。

北大の学生であれば、学部学年を問わず参加することができます。また公共政策大学院の学生は、進路に関わらず支援を受けることができます。

 

北公会の進路相談サービス

ノートブック上の2本のペン

進路に関する個別相談

予約制 45分の無料相談

進路に関する相談、エントリーシートの添削、模擬面接などご要望に応じて対応します。予約優先ですが、空き枠があれば当日の申込みも可能です。

STOCKTAKING SESSION

​人生を豊かにする知識を貯める。

これから皆さんが飛び出して行く社会で役立つであろう知識のストックをみんなで共有するセッションです。

円形図書館
会議室

自分の言葉で話すディスカッション

考え方の枠組みを身に着けよう

就職活動で問われることは「自分の頭で考えようとする習慣」。小難しい理論は必要ありませんが、コピペの意見は役に立ちません。必要なのは「なんで?」「どうして?」とトコトン突き詰める自分の言葉で話す経験です。
そして、「考える」時のコツ。う~~んとうなっても何も出てきません。楽に考える枠組みを身に着けよう!

国家総合職対策

霞が関で働きたいあなたへ。

国家総合職院卒区分二次試験で行われる政策課題討議は独特の形式で情報もあまり出回っていません。過去問を踏まえた実践的な対策を行います。また、国家総合職の官庁訪問に向けた考え方の整理や面接・ディスカッションの練習を行います。

東京
 
 

​最新情報は北公会のニュースレターで!

北公会のイベントや各種サービスをニュースレターで配信しています。登録おまちしています。

 

​私たちがお手伝いします。

北公会進路支援員

北海道大学公共政策大学院客員教授・社会彫刻家・社会探検家

主に3つの分野で20~30ぐらいのプロジェクトに携わっている。教育事業:北大、札学、NPO法人CAN、ルークス高等学院経済事業:会社経営5社の代表取締役と3社と取締役(ジン、ワイン、通販、観光施設、不動産賃貸、ビール輸入、カードゲーム)、株式・不動産事業文化事業:現代アート関係(ギャラリー、芸術祭)、映画関係(映画祭、映画館経営、映画制作)

寺田 英司

公共政策学研究センター研究員

特定非営利活動法人CAN理事。北海道大学大学院法学研究科修了。採用コンサルタントとして様々な業界の新卒採用の企画立案および採用実務を行う。北海道大
学公共政策大学院特任助教を務めた。前当別町議会議員。

​佐藤 立

 

お問い合わせ

北海道札幌市北区北9条西7丁目北海道大学法学部102

011-746-2242