top of page
  • Tatsu Sato

[ミニセッション]イノベーションのためのアイデア創造教育


  • いまなぜアイデア創造のための教育が必要なのか

  • アイデア創造のための知識とは

  • アイデアソンの有用性と実例紹介

講師

永瀬 駿平氏(Fourwin株式会社)

プロフィール:

1987年8月生まれ35歳。株式会社マーズフラッグのシステムエンジニアで新規アプリケーションの開発やAIの精度改善等に従事。また個人開発のサービスを販売したり、受託開発を行うなど個人事業主としても活動。

北海道の当別町出身。北海高校、専修大学経済学部卒、スタートアップの株式会社イトクロで新サービス企画や、理化学研究所の生命機能科学研究センター(BDR)で創薬シミュレーション業務等を経て現職。 

2022年7月に東京大学UMP-JUST第2回アイデアソンに参加して最優秀賞を受賞。その後、アイデアを特許出願してプロダクト開発中。2022年9月にカンボジアでアイデアソンを主催するなどアイデア創造について関心あり。

日時

2023年1月28日(土)17:00~18:00

終了後札幌駅周辺で懇親会(講師出席)を予定しております。(希望者のみ)

会場

HOPS進路支援室(法学部102)

参加申込

こちらからお申込みください


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国家総合職教養区分を受験中の方、来年以降院卒区分で受験予定の方を主に対象として、政策課題討議演習を行います。 国家総合職試験で行われる政策課題討議は、ちょっと変わった形式で行われるグループディスカッションです。グループディスカッションの最大のコツは慣れ。一度流れを把握してしまえば、大したことはありません。 ということで、国家総合職政策課題討議形式での練習会を開催します。 日時:11月4日(金)11

bottom of page